ネットショッピングで見つけたおすすめの快適・便利グッズをどんどん紹介していきます。健康食品や美容商品、化粧品、ファッション・家電などネットショッピングでおすすめの商品を紹介するのでぜひ参考にしてくださいね。

 

ヒアルロン酸とコンドロイチンとは

昨今、健康食品や美容サプリメントなどでよく耳にする、ヒアルロン酸とコンドロイチンとは、どういう成分なのでしょうか。コンドロイチンはムコ多糖類で、ヒアルロン酸とは互いに関連がある物質です。加熱されるとゲル化する性質を持つ食物繊維の仲間でもあります。サプリメントに用いられるコンドロイチンは、ヒアルロン酸を原料としています。動物体内にはもともと存在する成分で、特に軟骨に豊富に含まれています。軟骨以外には、骨、靭帯、角膜、脳、血管、皮膚など多くの組織にもコンドロイチンは存在しています。コンドロイチンと同様、人体のあらゆる箇所に存在している保水成分がヒアルロン酸です。体内の保水が重要な部分にヒアルロン酸は多く存在しており、特に皮膚や関節、目の硝子体に高濃度のヒアルロン酸があります。年齢を重ねるとヒアルロン酸やコンドロイチンの体内量が減少し、身体は保水力を失っていきます。皮膚中のコンドロイチンやヒアルロン酸は、40歳頃から格段に減ってしまいます。体内の保水性は、ヒアルロン酸やコンドロイチンが相互に作用しあうことで強まっているところもあります。これから先も、コンドロイチン、ヒアルロン酸は健康補助食品などに配合されることでしょう。

 

豆乳が人気の理由について

豆乳は、今ヘルシーなドリンクとして大人気ですが、その理由は何でしょうか。豆乳の原料は大豆ですから栄養素も豊富なので健康サプリメントとして人気なのです。血中コレステロール値を下げることができる豆乳は、心臓病の予防をすることができる良質のたんぱく質を含んでもいます。豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンのような力を発揮し、更年期障害を緩和するといわれています。また豆乳に含まれる大豆オリゴ糖は便秘解消効果を持ち、大豆サポニンは脂肪の蓄積を防止するなど、女性の身体にとっていいことばかりの栄養素が含まれた健康サプリメントといえます。そもそも豆乳は豆腐が固形化する前の乳状の液体であり、それには無調整豆乳・調整豆乳・豆乳飲料の3種類があります。大豆固形分が8%以上含まれるのが無調整豆乳と呼ばれ、味付けはありませんが、豆乳の中で最も濃いものです。大豆固形分が6%以上なのが調整豆乳で、塩分や糖分で飲みやすいように味付けされています。豆乳飲料はコーヒーや果汁などが加えられ、豆乳が苦手な人にも飲みやすく仕上げられています。豆乳が持つ独特なにおいが気になって飲めない人でも、豆乳飲料であれば大丈夫でしょう。含まれている栄養素から言うと、3つの豆乳の中でも最もたくさんの栄養素を含んでいるのは無調整豆乳です。コップ1杯分で1日に必要な大豆イソフラボンが摂取できるとも言われています。

 

脂肪燃焼サプリメントと運動

脂肪燃焼サプリメントでダイエットを目指すには、運動を併用することがより効果的な法方です。脂肪が燃焼するときは、皮下脂肪が血液中に分解されて、それから脂肪が燃焼される仕組みです。ウォーキングの場合、20分たったころから皮下脂肪は血液の中に分解を始めます。テレビのコマーシャルなどでも話題の燃焼系アミノ酸は、脂肪燃焼までにかかる20分を省くことができるのです。脂肪燃焼のために必要不可欠である運動をすることなく、アミノ酸を飲むだけで最初から脂肪が燃焼しやすい状況を作り出すことができるのが、脂肪燃焼系サプリメントなのです。ダイエットをより効果的に進めていくためには、脂肪燃焼サプリメントの摂取とともに、運動をすることが確実な法方だといえます。運動はどうしてもやりづらいという人でも、サプリメントを飲むことで脂肪が燃焼されやすい状態を作ることができるわけですから、普段の生活の中で体を動かすように意識することで、脂肪を燃焼させることも可能となるでしょう。脂肪燃焼には、特別に激しい運動が必要なわけではありません。たとえばエレベーターを使うところを階段に変えてみたり、自転車で駅まで行っている場合に歩いていくのに変えてみるといいでしょう。主婦の方が脂肪燃焼を期待するには、毎日の家事の中で体を動かすことからつなげていくことも可能でしょう。入浴前に脂肪燃焼サプリメントを飲むことで、脂肪燃焼効果を期待することもできます。入浴中に汗をかくだけで脂肪を燃焼させることができるということは、本当に簡単なダイエットの法方だといえます。

 

おからクッキーでダイエットする方法

今おからクッキーダイエットというダイエット方法が話題になっているのをご存知でしょうか。普通クッキーは、糖分とバターがたっぷりでカロリーが高いおやつというイメージがあります。ですが、ダイエット向きのおいしいクッキーが最近ではたくさん売られるようになりました。このようなダイエットクッキーの中で一番有名なのが、おからダイエットクッキーだといえるでしょう。大豆から豆乳を絞ったあとに残ったものをおからといい、食物繊維が豊富に含まれています。基本的なおからクッキーダイエットの方法をご紹介します。それは1日3食のうち、どれかをおからダイエットクッキーに置き換えるというやり方です。摂取しすぎてしまったカロリーは消費されなければ脂肪となって体内に蓄積されてしまいます。消費するカロリーより摂取するカロリーのほうが多い場合そうなってしまうのです。運動をすることが、摂り過ぎたカロリーを消費するには一番です。しかしどうしても運動が苦手という場合には、カロリーの摂取を制限しなければなりません。食事をクッキーに置きかえ、カロリーコントロールをする方法をクッキーダイエットといいます。どのようなクッキーを使っても、クッキーダイエットができるというわけではありません。栄養価が高く、食事の代わりになるようなクッキーを使わなければなりません。そういうわけでおすすめなのが、おからダイエットクッキーです。これには大豆の健康パワーがたくさん含まれているからです。

 

運動によりメタボリック対策をする

メタボリック対策として大切なのは食習慣の改良と同じように運動をすることです。メタボリックシンドロームの場合は、お腹まわりについた脂肪を落とさなければならないわけです。ですから当然体を動かすことが必要になります。思い切って時間のある人はスポーツジムに行くなどして体全体のトレーニングをしてみましょう。体を動かすことが本来得意だった人は、またスポーツを習慣にするように頑張ってみてはいかがでしょうか。けれども忙しい日々の生活の中で、メタボリック対策の運動のために特別な時間を捻出するのはなかなか難しいものです。無理をして運動の時間を作っても、そのしわよせによって、運動が苦になってすぐにやめてしまうようでは意味がありません。メタボリック対策だからといって体を動かすために特別な運動をする必要はないのです。体脂肪を減少させるために、なるべく日頃のちょっとした空き時間、なにかをするついでに体を使い、メタボリック対策にすることが良い方法ではないでしょうか。毎日の通勤の電車の中で、つり革につかまりながらこっそり筋トレをすることもできます。積極的に階段を利用し、エスカレーターやエレベーターなどは利用しないなど簡単にできる運動でもメタボリック対策にはなるでしょう。バスや電車の停留所などをひとつ手前で降りて歩くようにしたり、ランチタイムのレストランにわざと遠い所を選ぶ、といったこともメタボリック対策の運動になるでしょう。